産交バスポータルサイトトップへ戻る

ゆうingパス/Bフリーパスのご案内

申込方法 券種 対象路線 利用方法 払い戻し
不正使用 問い合わせ

お申込みについて

1ヶ月前からご購入できます。(新規・継続とも)
ゆうingパスはわたし専用(記名式)、Bフリーパスはどなたでもお使いになれます。
>>ゆうingパス/Bフリーパスのご案内チラシ[PDF:1MB]

  • 新規ご購入の方
  • ゆうingパス
    窓口にあります申込書をご記入ください。また以下をご用意ください。
    (1)顔写真1枚[タテ3cm×ヨコ2.5cm]
  • Bフリーパス
    窓口にあります申込書をご記入ください。
  • 継続してご購入の方
  • ゆうingパス
    現在ご使用の券をお持ちください。顔写真・公的証明書は必要ございません。
    ただし、顔写真が過度な色あせ等により本人確認ができないような場合は、新たに写真をご用意ください。
  • Bフリーパス
    現在ご使用の券をお持ちください。

産交バスサービスセンター定期券窓口混雑予想カレンダーもご利用ください。
>>窓口混雑予想カレンダー

券種

※小児、障がい者、その他割引はございません。

ゆうingパス
券種金額
1ヶ月5,500円 発売窓口
3ヶ月13,000円
Bフリーパス
券種金額
1ヶ月6,600円 発売窓口
3ヶ月16,000円

対象路線

ご利用方法

各路線でのご利用方法については、バスの乗りかたで詳しくご案内しております。

平日9:30~17:00の時間帯に降車が可能な便なら乗り放題♪
土日祝は時間帯の制限はありません!

平日ご利用案内イメージ

<平日ご利用>
9:30~17:00の時間帯で降車される場合に適用します。(乗車時刻は問いません)
バスの遅れや早着は気になさらなくて結構です。
例えば、バスの通過予定時刻が9:30~17:00であれば、実際の降車時刻が9:30~17:00を除く時間帯であっても降車することができます。
バスの通過予定時刻が9:30~17:00(適用時間帯)に含まれない場合においても、実際の通過時刻が適用時間帯に含まれる場合など、運行の都合上、 降車が可能となる場合もございます。 ただし、この取扱いは日々の運行状況によって異なりますので、午前9:30頃、最初に降車できる停留所及び、17:00頃の一番最後に降車できる停留所はその日の状況で異なることが予想されます。何卒、ご了承ください。

<土日祝ご利用>
時間帯に関係なくご自由にご利用できます。

お客さまのご都合で降車時間が17:00を越える予定の場合

お客さまのご都合で降車時間が17:00を越える予定の場合イメージ

最後に降車可能となる停留所において途中精算をしていただきます。
(1)運転士に定期券を呈示し、整理券を運賃箱の中に入れてください。
(2)入口で改めて整理券を取るか、ICカードをカードリーダーに通してください。
(3)その停留所から先の停留所まではその区間運賃をお支払いください。

適用範囲内から適用範囲内の最終停留所を越えて乗車される場合

適用範囲内から適用範囲内の最終停留所を越えて乗車される場合イメージ

適用範囲内の最終停留所において、途中精算をしていただきます。
(1)適用範囲内の最終停留所に近づいたときに車内放送で案内が流れます。
(2)降車ボタンを押し、その停留所で運転士に定期券を呈示してください。
(3)入口で改めて整理券を取るか、ICカードをカードリーダーに通してください。
(4)その停留所から先の停留所まではその区間運賃をお支払いください。

適用範囲外から適用範囲内の最終停留所を越えて乗車される場合

適用範囲外から適用範囲内の最終停留所を越えて乗車される場合イメージ

適用範囲外の停留所から乗車の際には、整理券をお取りになるか、カードリーダーに
ICカードをお通しください。
適用範囲内の最終停留所で途中精算をしていただきます。
(1)適用範囲内の最終停留所に近づいたときに車内放送で案内が流れます。
(2)降車ボタンを押し、その停留所までの区間運賃をお支払いください。
(3)入口で改めて整理券をお取りください。
(4)降車時に運転士に定期券を呈示後、整理券を運賃箱に入れ降車してください。

払い戻し

1枚につき払い戻し手数料520円がかかります。

  • 通用期間前
  • 手数料をさし引いた販売金額を払い戻します。
  • 使用期間中
  • 通用期間の始めの日から払い戻しの請求があった日までを使用期間とみなし、使用済み日数を1日440円(1回220円×2回)で計算し、この金額を販売金額から差し引いた残額を払い戻します。

例えば・・・
ゆうingパス3ヶ月定期券を10日間利用された場合
13,000円[販売金額]-(440円×10日間)=8,600円
8,600円-520円[手数料]=8,080円

不正使用について

次の場合は、本券を回収し、所定の運賃及び相当の増運賃を購入代表者より申し受けます。

■通用期間以外の定期券を使用したとき
■券面表示事項を塗抹改変したとき
使用済み日数を1日440円(1回220円×2回)で計算し、経過日数に追徴金(2倍)を申しうけます。

例えば・・・
有効期限後、3日間利用された場合
(440円×3日間)×2=2,640円

お問い合わせ

運行状況のお知らせ、運行情報をチェック!一部の路線で更新中
運行状況の見方 ページ先頭へ戻るボタン