天草ってどこにあるの?タイトルイメージ

天草は、大矢野島、上島、下島などの大小120の島々があります。有明海、八代海、島原湾、天草灘に囲まれていて、九州と天草は天草五橋でつながれています。 一号橋~五号橋の間の国道(国道266号・国道324号)は、真珠の養殖が盛んなことから天草パールラインと呼ばれています。

天草をバスで観光しようページ先頭へ戻るボタン

天草の歴史タイトルイメージ

 昔、キリスト教(カトリック)の布教が広がり、
キリシタンの島としてよく知られています。
今でも、本渡・崎津・大江の3箇所のカトリック教会
が残っていますが、 信者数は多いわけではなく人口の
1%ほどです。

 天草は温暖な気候で水産業、とくにクルマエビ真珠の養殖が盛んです。また、優れた品位の陶石を生産することで知られており、 全国の8割を占め、地元の天草陶磁器や日本各地の陶磁器の原料として多く用いられている。

 天草の歴史人物といえば…天草四郎です!本名は益田四郎。
出身地は天草諸島の大矢野で生まれ。江戸時代初期のキリシタンで16歳で十字架を掲げ戦闘を指揮していました。 そんな天草四郎の性格は、生まれながらにしてカリスマ性があり、物事の理解が早く賢い性格だったそうです。容姿も女性があこがれるぐらい美しいとのこと…

天草をバスで観光しようページ先頭へ戻るボタン